ラムの毛皮の種類

羊は食肉用として世界中で広く飼育されている動物です。羊は肉として以外にも毛皮としても人気が高いです。
毛皮 コート 買取
羊の中でも生後一年以内の子羊の肉や毛のことを「ラム」と呼びます。そんなラムの毛皮にもいくつか種類があります。チベット産のラムはチベットラムと呼ばれています。日本では錦綿羊としても知られているので、そちらの名前で記憶している方も居るかもしれません。非常に長い毛足とカールした綿毛が特徴。そのままで使われることは少なく、染色されるのが一般的です。中国産のラムはチキャンラムと呼ばれており、軽く波打った毛質の毛皮です。基本的に白色で容易に染色することが可能なことから、想定した色を確実に出したい時には重宝されます。カラクール種のラムはカラクールラム、あるいはペルシャンラムと呼ばれています。アストラカンと言われることも。毛色は主に黒色で、グレー、茶、白色もあります。巻き毛の形状が多彩な模様を描き出すのが魅力。紋様の他、毛足の長さでもカテゴライズされ、毛足の短いブロードテールが有名です。羊はムートンも人気ですが、ラムにはラムの良さもあります。興味があったら見比べてみるのも面白いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です