大人ニキビと他のニキビの違い

大人になってからできるニキビとそれ以外の思春期のときにできるニキビとあります。どちらも同じニキビですが、実はできる場所が異なっています。大人になってからできるニキビはおもに顎とかの顔の周囲や口周りにできます。

それに対して思春期のニキビは額とかにおもにできます。これはニキビのできる原因が少し異なっているためにそのようにできる場所が変わるわけです。

思春期のときには成長期に成長ホルモンによって皮脂が多く出ることでそれが毛穴に詰まってニキビとなります。そのために思春期のニキビを改善するためにはしっかりと洗顔することが大切になります。しかもわりと治りが早いのが特徴になっています。

一方の大人のニキビは肌の乾燥が原因になります。乾燥しやすい顎とか顔の周囲の部分にできるのはそのためです。乾燥することで皮脂が多く出てニキビとなります。そのために大人になってからのニキビは洗顔はもちろん大切ですが、そのあとにしっかりと保湿をすることが重要です。水分をたっぷり補うことで乾燥を改善していってニキビができやすい状態をつくらないことで治していけます。そのためにセットでケアできるものも出ています。
ラミューテ 半額

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です