大量の夏野菜をどうやって使うか悩む。

うちは田舎で、同居の母が家で食べるだけの野菜を畑で作っています。
無農薬にこだわっていて変な薬も使っていない安心感があり、すごくありがたいのですが・・・。
こだわりがあるわりには日々の除草作業などは怠り、畑中草だらけで若干貧相な野菜が収穫できてしまうのが玉に傷なのです。
とはいえ、やはり家で採れた野菜は新鮮でおいしくここ最近はキュウリ、なす、ピーマン、トマトといった夏野菜が大量に収穫できるのでどうやって消費していこうかというのが嬉しい悩みになっています。
キュウリは浅漬にすれば、家族みんなが好きなのであっという間になくなってしまいます。
でも、困っているのはなすです。

なすって味も食感も子どもにはあまり美味しく感じないようで、折角作ったおかずも結構残されてしまいます。
いっそ、なすも浅漬にしてしまえばいいのかしらと思いますが、そんなに漬物ばっかりはいらないですよね(笑)もう少し、料理のレパートリーを増やしたいなと思う今日このごろです。
そんな中、子どもたちに喜ばれたのがミニトマトのゼリーでした。
甘さはすごく控えめで、とにかくトマトらしさ全開の出来でしたが、冷やして食べるとすごく夏らしくてよい一品でした。
ピーマンも薄揚げと甘辛煮にするとご飯がよくすすみ、とても好評でした。
これから夏本番で、夏野菜を使いこなせるように頑張ろうと決意する私です。
フィジーウォーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です