背中のニキビが黒ずんできた!どうすればいい?

背中のニキビは、放っておくと白かったものが黒く変化することがあります。この黒ニキビはどういう状態なのか、そして改善のための、皮膚科での手当てやセルフケアの方法などを、チェックしていきましょう。
背中とか、ニキビの原因は「毛穴のつまり」にあります。毛穴に古い角質と皮脂が混ざり合ったものがつまった状態。しかし、進行すると、白かったニキビが、やがて中につまっていた皮脂が皮膚上に押し上げられて、毛穴が開いた状態になります。
黒く見えるのは、皮脂が空気に触れて酸化したものが外に露出しているからです。こうなったら、至急除去したいと思い、指で取りたくなるが、このようなことはぜったいに避けましょう。無理に取ると化膿したり、アクネ菌による炎症が起きたりして、さらに次の段階である「赤ニキビ」に進行してしまうこともあるからです。
では、この黒ニキビはどうすれば改善できるのでしょうか。皮膚科の手当てとしては、毛穴の詰まりをケアする「ディフィリンゲル」という成分を含んだ軟膏や、堅くなった角質を除去する効果のある「サリチル酸ワセリン」などの外用薬を塗る方法があります。また、専用の機器によって抗炎症作用のあるビタミンCの補給や、毛穴詰まりを除去できるケミカルピーリングなどの方法がなくなることもあります。肌の交替を改善するために、サプリメントや食事によってビタミンB2を摂取することも、手当てにおいて行なわれてある。
背中のニキビが黒ニキビに変化してしまったら、自分でできるケア方法も試してみましょう。たとえば、ビタミンB2やビタミンB6などが入ったサプリメントの服用で、一定の予防効果も見込める。また、入浴時折優しく泡だけで洗うなどの正しい方法で洗い、その後敢然と保湿して様子を見るというのも一案です。これ以上背中ニキビを進行させないためにも、丁寧かつ、適切なケアを行ないましょう。歯を白くする歯磨き粉ということでトライしてみました。