日帰りの富士山登山は危険すぎる!

5年くらい前だか富士登山をしたことがある。まだ登山にハマったばかりで富士登山に憧れていた。いつかは…と思っていたのだが、夫のいつ登っても一緒でしょ!の一言で決行したのだ。猫がいる我が家ではあまり泊まりに積極的でなく、ましてシーズン中の山小屋は避けたいので一番短時間で登れる富士宮コースにした。そのぶん急登なんだけどね。序盤は良かった。ただ7合目くらいから体調の雲行きが怪しくなる。酸素を何回も吸う。とにかく足が重い。食欲もない。ただ高山病と言われる大きな特徴、頭痛がなかったので止めるキッカケがない。しかも、一歩ずつ進めば頂上は確実に近くなるわけで、引き返すのが勿体無くなるのだ。なんとか頂上まで行ったはいいけど、もう夕方。さっさっと下山。案の定真っ暗になってヘッドライト。しかも真っ暗になったと同時くらいに火山口。あぁ、今思い返しても怖い。何が怖いって夫が火山口にふざけて落ちてしまうんじゃないかと気が気じゃなかったのだ。でも実は1番怖かったのは下山してからの夫の居眠り運転だった。
今思えば麓で前泊すりゃ良かったな!

 

愛媛で借金の相談